そしてピアノへ。

2015/12/12(Sat) 07:42
日々のつれづれ

浜松国際ピアノコンクールが終わってそろそろ1週間経つ。
今回コンクールなるものに初めて出掛けてみて、今までの思い込みが覆された。
コンクールとは、コンペティションであると同時にピアノ、クラシック音楽の豊かさを伝えるフェスティバルなのだ。
特に浜松だからなのかもしれないが、こんなに楽しいものであるとは思いもよらなかった。
ふらりと出掛けた一次予選でのイタリアのピアニストの演奏に魅せられ、二次三次とオンラインあるいはCDで聴き続け、とうとう本選へも出かけることに。そしてその彼が優勝、勝ち負けはどうでもよかったが今回ばかりは本当に嬉しかった。(玄人筋にすれば、最初から分かっていたことかもしれないが。)

彼以外にも、この先メインストリームに上がってきてほしいピアニストが何人もいて、コンクールの演奏CDを取り寄せて楽しんでいる。
彼らのおかげで今まで不熱心だった作曲家の良さを知ることができて、『勝手にスクリャービン祭』『勝手にプロコフィエフソナタ祭』等を毎夜毎夜開催中。(ありがたやNML。)

ラグビーW杯の時は平常モードに戻るのが少し大変だったけれど、ピアノの場合はそれほど苦労しない。
何をしていても頭の中にショパンのソナタ2番やスカルボが流れているのは若干問題があるが、まあ何とかなる範囲内。

少し生活の修正をした。bbcワールドを点けるのは朝だけ。
もっと静かに暮らそう。


Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 Funnybones -備忘録其の二-, all rights reserved.
Calendar
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲