スカーフェイスmeetsゴッドファーザー

2011/05/03(Tue) 20:13
movies

と、パッケージにある「A Prophet」、傑作であった。監督はジャック・オーディアール、大好きな監督だ。
所内でのあらゆる描写がリアルで残酷でユーモアもある。全体のトーンは彼らしくシック。スリリングな展開は一秒たりとも見逃せない。この映画がフランス映画祭で上映されたきりなんて、全くもって理解不能。字幕も出来たのだから全国公開してほしい。

A Prophet
B002BWP3UC
物語の幹は『警官暴行の罪で刑務所に入ったマリクが最下層の囚人からトップへのし上がっていく様を描く』と言ってしまえばこれだけだ。
刑務所に入ったらまずやらねばならないことは、所属と立ち位置を早急に決め、セールスポイントをアピールすること。私は薬が得意です、武器調達ができます、夜伽の相手はお任せ下さい、何でもいいから腹をくくって決めなくてはならない。でなければ待っているのは『死』である。
マリクはアラブ人だったが、コルシカマフィアのセザールに目を付けられ、拒否する暇もなく彼らの会派所属となる。最初の指令をなんとか成功させた彼は、アラブ系故他のメンバーに蔑まれつつも生き延び、少しずつランクを上げていく。一方彼はコルシカ人の仕事と並行して学業にもいそしみ、独自の嗅覚で自分の職域を広げていく。
監房でのマリクの話し相手は、彼が初めて殺した相手Reyeb。ふと気付くとReyebが隣で煙草を嗜み、首の傷口(マリクが切った痕だ)から煙をふーっと出したりしている。気持ち悪いからやめろよ、と言うシーンには笑った。Reyebとは殺す前にほんの少し話しただけだが、その後のマリクの立身出世街道に多大な影響を及ぼしている。「本はいいぞ、ムショにいる間に勉強しとけ」と言われたとおりに、彼はフランス語や経済を一生懸命勉強する。外出許可をもらって、外の仕事を片付けるのに手間取り帰宅時間に遅刻、40日間の独房生活をくらった時も決して寂しくはなかった。隣にはいつもReyebがいるから。(→あ、違う、わざと遅刻したのだ。)
マリクには特別な才能があるわけではないし喧嘩にも強くない。刑務所に入ってなかったらただのチンピラで終わっていただろう多分。いつもちょっとおどおどとした風情で、一人になるとため息が出る。迷っている。でも生きたいしセザールをいつか負かしたいから、やるしかない。
マリクとコンビを組むRyadも普通の人間だ。マリクよりも少し人好きのする顔、やや前向きな気性。かわいい妻と子供のためにマリクとの仕事を一生懸命続ける。何年か前に患って一度は治ったガンが再発した彼は、遺していく妻子のために、エジプト人に襲われようと、殺しを伴う危ない仕事だろうと、果敢に取り組む。そして病死-人並みの死を迎えるのだ。
ノエルのパーティの後マリクの横で、Reyebがスーフィーダンスを踊るシーンがとても面白い。入れ替わってマリクも踊る。彼がセザールから離れていく象徴のよう。
取り巻きのいなくなったセザールは独り運動場のベンチに座っている。彼がこの先釈放されることはないだろうから、死ぬまで独りで座り続けなければならない。『今日一日生き延びることができますように』と毎日祈るくらいなら、殺された方がましではないか。そしてマリクは、反対側から眺めているだけだ。この勝負、俺の勝ちだと心中ほくそ笑んでいたに違いない。
セザールにまだ力があった頃、マリクが目をえぐられんばかりに傷つけられたことがあったっけ。目が癒えるまで世界は半分しか見えなかった。見えないことは佳きことかな、とまでは言わないにしても、今のセザールの目の前はあまりにも広く、残酷だ。
タイトルのprophet予言者は、マリクのことを指すのだと思う。彼には予知能力ほどのものがあったわけではないけれど、他人より少しだけ敏感で、反応が速かった。Reyebの幻影との語り合いを実生活に活かし、夢でみた鹿と『動物の飛び出しに注意』の道路標識を瞬時に繋げてまるで彼が予言したかのように相手に思わせ、独房にいられたため囚人間の抗争に巻き込まれずに済んだ。実際にはその抗争の種はマリクが蒔いておいたものなのに。
チンピラはkingpinとなった。出所した彼を出迎えるのは、Ryadの妻子と3台の高級車。マリクの姿形は以前とそれほど変わらない。出所時に受け取った所持品は紙幣一枚きりだが、彼の手中には巨大な-この先ますます栄えるであろう-王国がある。そのことをみじんも感じさせず、あっけらかんとした彼の姿に感心するばかりだ。

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 Funnybones -備忘録其の二-, all rights reserved.
Calendar
07 | 2017/08 | 09

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲