おようふく。

2017/01/03(Tue) 08:47
日々のつれづれ

ここ数年懇意にしてきた隣県の洋服屋さんが閉店するかもしれない。
私に洋服道を教えてくれて長くお付き合いしていた当地の服屋の閉店後、とてもありがたく利用してきた。寂しいが、店主様の決断を尊重したいと思う。

名古屋はそこそこの規模の町なのだが、使える服屋がひとつも無いのだ。ロマンチックで女らしくてかわいいものが町を席巻している。シンプルでクールな服もあるが、私の購買力をはるかに超えていて、無理。
まあ、手持ちのものを丁寧に着ていけばなんとでもなる。50を過ぎると、10年後今と同じ格好が出来るかどうか全く自信がない。
とりあえず10年もてばよし、その後(つまり定年後)はそのとき考えよう。元気に生きてて、服が買える状況にあれば、だが。

10年後も今と同じレベルの生活が出来ているとは思えない。もちろん、出来ていたら嬉しいが、日本というちっぽけなちゃぶ台がどっしゃーんとひっくり返されてる可能性高し、そういう思いの方が強い。
そうなったら洋服なんて、ねぇ。

とにかく店主様からの報告を待つのみ。

Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 Funnybones -備忘録其の二-, all rights reserved.
Calendar
04 | 2017/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Page up▲