2011年感動感激した、印象に残った映画やドラマ。

2011/12/27(Tue) 18:10
movies

見た数がそもそも少ない。でも来年も少ないだろう。映画よりも演奏会、なので。
根拠は無いが自信を持って花丸や二重丸をぽんっと押せるのは:
「ソーシャル・ネットワーク」
「スプリング・フィーバー」
「ザ・ファイター」
「エッセンシャル・キリング」
「マネー・ボール」
「ゴモラ」
「ナッシュビル」
次に続くのは:
「猿の惑星ジェネシス」
「X MENファーストジェネレーション」
「ゴーストライター」
近い将来映画館がデジタル・プロジェクションに移行してしまったら、作品選択の幅が狭まるのかもしれない。でも私にはどうすることもできないレベルの問題なので、どういう事態になっても黙って受け止めるしかないな。

次にドラマ。
日本放送分では「ウォーキングデッド2」がダントツ。8話以降が楽しみでならない。「アメリカン・ホラー・ストーリー」は捨てがたい。FOXジャパンは最初こそ番宣に励んでいたが、その後推す気を失ったような気配。年末年始にキャッチアップ放送くらいしてくれてもいいのになあ。「In Plain Sight」の日本上陸に大喜びしたが、人気が出ているのかどうか不安。「ボードウォークエンパイア」の素早い上陸は嬉しかった!
年があけたらマッドメン3が始まるのが楽しみである。
日本未放送分。「ユーリカ4.0」バルター博士ことジェームズ・キャリスが面白くて面白くて。彼の芸達者ぶり(ピアノも歌もうまい!)も楽しめる。3でマンネリ化した物語もひねりが利いた新展開で良かった。
「In Treatment」なんといっても私はコレがイチオシなのである。FNLのコーチ・テイラーの次はInTのポール(ガブリエル・バーン)にエミー賞を是非。
「Friday Night Lights」とうとう終わってしまった。涙涙涙。こんなに面白いドラマって昨今あまり無いのだが、日本上陸はどうしても無理か。IPSが来たのだから次はFNLだ、ユニバーサルch。
「Bored to Death」S3でキャンセルされた模様。ナースジャッキーはもういいから、こっちを放送してくださいwowow。Shamelessもなあ、元版にぴちぴちのジェイムズ・マカヴォイ君が出ているから元版も併せて放送したらいいのに。
「L&O:UK」最初はジェイミーとベン様目当てだったが、ブラッドリー・ウォルシュやビル・パターソンなど役者のアンサンブルがかなり魅力的で飽きさせない。物語の展開も巧い。これも日本上陸すればいいのに。スパドラさん、よろしくお願いします。

trackBack(0) | Comments(8)

Page up▲

オフィシャル・ストーリー

2011/12/19(Mon) 14:37
movies

1983年のアルゼンチン。高校の歴史教師アリシアは実業家の夫と養女ガビイと何不自由なく幸せに暮らしていた。
ある日、長く音信の途絶えていた親友アナと再会。なぜ国を出たの?どうして何も連絡をくれなかったの?無邪気に尋ねるアリシアに、アナは惨い事実を告げる。彼女は政治犯として警察に引っ張られ拷問を受け、7年たった今でもレイプの記憶が彼女を苦しめていた。大勢の人間がアナと同様の目に遭い、刑務所内の女性たちの中には流産したり生まれた子供を奪われたものがたくさんいる、と知ったアリシアは養女ガビイの出生に疑問を持つように。
ガビイの生母や養女に出されたいきさつについては一切詮索しないこと、とアリシアは夫から約束させられていた。少しでも話題に出そうものなら夫は不機嫌になり、何も語らない。
夫が教えてくれないのなら自分で調べよう。そして調査-手がかりは少なく、種々の公式記録も残っていない-の途上でアリシアは1人の女性と出会う。彼女が肌身離さず持ち歩く写真に映る女性は、ガビイによく似ていた。

アリシアの過去については描かれてはいないが、裕福な階級の出身で、世の中に疑問を持つ必要のない生活をおくっていたのだろう。お嬢様学校へ行き、将来有望な夫と結婚。予想通り豊かで穏やかな生活をおくり、その生活の中心には可愛い娘ガビイがいる。
しかしアリシアは歴史教師だ。嘘や疑惑の匂いには敏感で、それらを感じたら調べずにはいられない。結果がどんなに残酷なものであろうと『真実』に向かって突き進まずにはいられない。
彼女の生徒たちへの姿勢の変化も興味深い。最初はただの『検定済歴史教科書を教える教師』だったのが、生徒の反政府主義的レポートに対して「裏付けを取りなさい」と諭しつつ90点を付ける。『真実』を求めるという点においては自分も生徒も大差ないということを、アリシアは認めたのだ。
彼女はガビイの出自についての事実と、夫のもう一つの顔を知る。ガビイを隠したアリシアに怒った夫は、彼女の髪をつかんで壁に何度も打ち付ける。彼はそういう人間だったのだ。そうやってアナを警察に密告し、自分の邪魔をする者は力で押さえつけてきた。そしてアリシアはそんな男を愛し、若い夫婦-多分殺されてしまったのだろう-から子供を奪い取ることに加担してしまった。罪人は夫だけではない、自分も十分罪深い。
この罪はどうしたら償えるのだろう。アリシアの哀しい瞳が闇の中に消えて物語の幕は下りる。

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

CDばかり買ってます。

2011/12/12(Mon) 17:46
日々のつれづれ

クラシック音楽のCDは比較的安価なのがよくないです。何回ぽちぽちしても、中々いちまんえんになりません、だからって何度もそれを繰り返していたら、総合計でまずいのですが。
今まではほとんど密林UKから買っていましたが、このごろは国内のHさんTさんでもぽちぽち。まずいですねー。
ドラマだけでなく音楽でも偏食のワタクシ、王道的な交響曲やオペラには殆ど手を出すことなく室内楽、ソロの器楽演奏のみ、『ばっかり食べ』ですな。だって美味しいんだもん!

久しぶりにドラマのDVD箱も到着。L&O:UKのS2、これはアメリカにおけるS2だから本国では何にあたるのかしら。ジェイミーとベン様が出てる最後のシリーズです多分。

ベルト放送のおかげで仕事の後は毎日ブレイキングバッド、嬉しいな。ブライアン・クランストンがマイケル・ファスベンダーに見えて仕方が無い。ファスベンダーは老けたらマルコムのお父さんみたいな顔になるんだろうなあ~目元とか顔の輪郭が似てる~とぶつぶつ。

ウォーキングデッド2の6。ラストのシーン、リック夫妻が左寄りに立ち、右側が茫漠に空いてるあの絵は、不条理演劇ですかあ?って。BSGみたいに『人が超越的存在から試される』ドラマと化しているようなシーズン2。向こうでは第7話が放送されて小休止、ですよね。
ウォーカーが人であるか否かの論議シーンも好き。
AMCって絶好調ですな本当に。

グッドワイフ2はドラマ全体のレベルは若干落ちてるけど、アリシアとウィルのドラマとして見ているので私は問題無し。案件部分が弱かったり雑だったりするし、対立軸を複数置き過ぎていると思う。もすこしシンプルにいきましょうや、と私が言ってどうなるわけでもなく。
そういえばウィルの人、SVUのS10のどこかに出るのかな、シリーズのCMの中でちらっと映りますね。

The Killingは録画のみのつもりだったけど、見ちゃう、きっと。

あとはチャック3が今週?ドクター3も?

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2011 Funnybones -備忘録其の二-, all rights reserved.
Calendar
11 | 2011/12 | 01

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Page up▲