支度中。

2011/02/21(Mon) 09:23
日々のつれづれ

明日から1週間旅行に出るので(出不精の私にしては珍しい)支度をしておりますが。。。行き先が実家だろうと他所の国だろうと、持ち物はあまり変わらないですねぇ。日数に応じて服の数が変わるだけで、それ以外のものはさっぱり。髪を短くしてからドライヤー要らず、カメラ好きじゃないのでデジカメも無し、化粧は顔が乾かない程度にするだけ、普通の女子が多分持つであろうあれこれ(それは何?)が無い。友達への土産は入れた(絵本と昆布と黒すりごま)、オペラグラスも持った(オペラは見ません)、電源アダプターもよし。あちらは暖かいらしいので、防寒系が要らなくなったのがラッキーor誤算(スーツケース余裕有り過ぎ)。
出発前は、何か重要なものを忘れているような気がいつもしますが、まあ大したことないのですよね。
なんとか楽しく過ごせるといいなあ~今回は苦手な英語をイヤでも喋らなくてはならないのでガンバロウ。

trackBack(0) | Comments(6)

Page up▲

太腕繁盛記(違)

2011/02/14(Mon) 10:18
movies

「ウッドストックがやってくる」実に楽しかった!本業では成功しているエリオットのそちら部分は描かず、両親を見捨てられず苦悩する息子としての彼、廃れつつある町の住人としての彼に重きを置き、その彼がほんの思いつきで誘致した『ウッドストック』というイベントを通して、思いもよらなかった発見・成長を遂げる物語。じーんときた、笑った、感心した。主催者マイケル・ヤングを演じるジョナサン・グロフの太い腕、あれはいったい。(苦笑)彼の出で立ちには「彼は何者?!」のオーラが感じられた、気がする。
エリオットの両親を演じるヘンリー・グッドマン、イメルダ・スタウントン、素晴らしい。
ウッドストック参加アーチストの名曲の間に挟まれて目立たないがダニー・エルフマンの楽曲が良い。クライマックスで流れるブラインドフェイス、あまりにもハマリで定番だけど、くそやられたーの感。
ソフトで何気なく凝ったエリック・ゴーティエのカメラも秀逸。なにしろ楽しいんである。私は明るい映画も好きなのだ。
祭りは参加する者よりも作り上げる者の方が本当は楽しいのではと思う。私はあの時代に猛烈に憧れているので余計。
それにしても、アン・リーは凄い。外からの目を持つ彼だからこそ、かくも生き生きとした作品を作れるのだろう。「アイス・ストーム」の冷えきった透明感も同じく。

アメリカへ大変行きたくなりました、恥ずかしながら未踏の地なんです。こんなにもアメリカの映画やドラマを愛しているのにね。

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

シドパパが~。

2011/02/07(Mon) 19:52
movies

「ザ・タウン」を見てきた。出来は。。。発言を控えさせていただきます。
冒頭襲われる銀行の副支店長が、シドのパパことヴィクター・ガーバー@エイリアス、あらーもう退場?
ダグ(ベン・アフレック)を執拗に追いかけるFBI特別捜査官が(スペシャルエイジェントってどうしても名乗らなくてはならない肩書きなのか)ドン・ドレイパーことジョン・ハム。ほぼ出ずっぱり。嬉しそう、じゃなくて、大変いきいきとしてた。
その同僚ディノが、タイタス・ウェリバー、Deadwoodのアダムス、グッドワイフのグレンなどなど。私が見る彼は大抵、ちょこっと卑怯ぽい役どころでございます。
ダグの元彼女クリスタがブレイク・ライブリー、わたしゃゴシップ・ガールは見てません。興味ゼロ。
ドラマで活躍する人が目立つところにいて、何となく嬉しかった。でも話がなあ。。。
脇も超豪華、クリス・クーパーにピート・ポスルスウェイト(合掌)わーい!
Gone Baby Goneの方がずっといい映画なのにな。ま、いいけど。


trackBack(0) | Comments(4)

Page up▲

あれこれ。

2011/02/03(Thu) 17:09
その他ドラマ

「君を想って海をゆく」にドラマ「スパイラル」のジルの人が出ていた。あら、ジルなにやってんの?て感じ。シモンの妻の仲間で、不法滞在者に食事を配っていた。いい人ジル。
シモンの人ヴァンサン・ランドンはどこで見たんだっけ、そうだ「すべて彼女のために」のダンナ役だ。不当逮捕で獄中の人となってしまった妻ダイアン・クルーガーを脱獄させる夫。愛は人を変え、勇気を与える。彼は眼力があるのよね、決してハンサムではないのだけれど、ぐぐっと見る人を惹き付ける。いい役者だ。

最近のお気に入りはやはりグッドワイフ。ジュリアナとジョシュ・チャールズの立ち居振る舞いが好き。ジョシュの吹替声がどうにも気に入らない。もっといい声なのに!不思議な顔立ちなのだけれど、不機嫌顔がよい。ピーターの人はスルー。カリンダは格好良すぎ、好きだけど。S2にはFNLのジェイソン・ストリート(「カプリカ」の彼の『怪しい人』ぶりを見て、カリンダと丁々発止になるのかとチョト期待)も出るとかで、めっちゃ楽しみ。そしてアラン・カミング!スマートで嫌みでファニー。やはり役者のアンサンブルだな~うむ。

宿題が無いと何も勉強しないコドモのような私なので、近く始まるMadMenを必修課題にしようと思います。

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

どうにもならなくてもやらねばならないことがある。

2011/02/03(Thu) 16:42
movies

「君を想って海をゆく」Welcome
イラクからフランスまで三ヶ月かかってやっとたどり着いた。目的地はイギリス。ロンドンに移住した恋人に会いたい、マンUの選手になりたい。クルド人のビラルは仲介人に500ユーロ払って貨物トラックの荷台に同胞たちと忍び込む。が、あと一歩のところで失敗。港の難民摘発検査は徹底していて、二酸化炭素の濃度測定まで行われていた。逃れるために難民たちはビニール袋をかぶるのだが、ビラルはそれに耐えられない。トルコ兵に捕まり、ビニール袋をかぶらされ放置された時の恐怖と苦痛が体から離れないからだ。

(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2011 Funnybones -備忘録其の二-, all rights reserved.
Calendar
01 | 2011/02 | 03

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

Page up▲