2009もおしまいです。

2009/12/30(Wed) 13:29
日々のつれづれ

年末年始だからといって特別なことはしないけど、一応一年の締めをしてみる。

映画ベスト4
普通なら『ベスト5』だろうけど5本無いので。

1 「州議会」(フレデリック・ワイズマン)
2 「パリ・オペラ座のすべて」(フレデリック・ワイズマン)
3 「ロルナの祈り」(ダルデンヌ兄弟)
4 「彼女の名はサビーヌ」(サンドリーヌ・ボネール)

4本中3本がドキュメンタリーとヘンかも。でも自分にとって響いたのはこの4本。
私はフランス語ができないからフランス映画を理解しているとは言えないと思う。でも毎年その年の収穫を考えると、どうしてもフランス映画が上位にあがってくる。テーマや描写が観る側をえぐってくるのが良い。フランス映画もハリウッド化傾向にあり私好みの映画が減っている、というか日本に入ってこなくなっているのが残念。需要と供給の問題だから仕方ないけど。
しかし英米映画でも私の見たいものが入ってこないのだ!悲しいなあ。

ドラマベスト3

1 バトルスター・ギャラクティカ3-4
2 TheWire3-4
3 True Blood1
BSGは別格。いろいろ批判はあるようだけど、いい結末だったと思う。

来年も細々とではあるが、がんばっていこう。

おまけです。
091226_2154~01
睡眠中のあき。最近メタボ傾向のようで、まずいなあ。

trackBack(0) | Comments(12)

Page up▲

The Wire/ザ・ワイヤーS4#43 Margin of Error

2009/12/29(Tue) 09:42
The Wire

投票日を控えた各候補がそれぞれ教会へ赴く。ロイスはバプティスト教会、トニーはカソリック、トミーは最も影響力のある教会へ。トミーの子供たちが、ゴスペルの大合唱の中ではねているのが微笑ましい。
トミーは牧師の言う「誠実で、神を敬い、不正な利を憎む人」にふさわしい人間であるのか。神そして選挙民からそう認められることを、彼は心の底から願う。

(.. Read more)


trackBack(1) | Comments(2)

Page up▲

The Wire/ザ・ワイヤーS4#42 Alliances

2009/12/28(Mon) 19:15
The Wire

ネイたちはレックスの噂ばなし。クリスに殺されたレックスはゾンビになって町を徘徊し、マーロに情報を流してるんだ、とネイ。半ば本気にしているランディはぞっとした表情。銃声が聞こえると「40口径だな」。子供でも音でピストルの種類がわかる、それがストリートの常識。

(.. Read more)


trackBack(1) | Comments(2)

Page up▲

デッドウッドS3#7 Unauthorized Cinnamon

2009/12/24(Thu) 20:46
Deadwood

ハーストとオデルの会合。お互いを探り合う二人。オデルが所属するバプテスト会はリベリアの金鉱開発計画にハーストを引き込みたい。金鉱の可能性を示すために、オデルはそこでとれた金を見せる。


(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

デッドウッドS3#6 A Rich Find

2009/12/21(Mon) 17:53
Deadwood

一晩牢屋に入れられたハースト。俺にこんなことをしてどうなるかわかってるのか奴は。彼の牢の隣には死体。それは、彼の命令によって殺された労働者の死体である。

(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

デッドウッドS3#5 A Two-Headed Beast

2009/12/13(Sun) 23:31
Deadwood

表に表れている以上に裏にただならぬ何かが見え隠れする出来事が次々と起こる。血が流れる。人々の心がささくれだっていく。

(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

TheWire/ザ・ワイヤー S4#41 Refugees

2009/12/08(Tue) 11:41
The Wire

日曜に働く人々。
マーロ。週末のポーカー場で負けた後、顔見知りが警備員をしている食料品店へ出向く。ちょっとした買い物とちょっとした-いつもなめているキャンディバーの万引き。見てるとわかっててやったのか、と警備員はマーロにつっかかる。マーロは何も言わない。
デニス。彼のジムに集まったネイたちは教室でのナイフ騒動についてあることないこと話し続ける。ラティーシャはグループホームにいたんだ、気が狂うのも当然だよとランディが言う。一同はしんとなる、皆そこがどういう場所だかわかっているのだろう。そこへメルヴィンが仕事の話を持ってくる。学校の校務員をやらないか。乗り気のデニス。
プレズ。妻に外へ出ようと誘われても、出る気になれない。あの騒ぎについて話すことを考えなくては。
キーマ。マリモーの顔を見たくないから日曜のうちに荷物を片付け殺人課へ異動。ランズマンの案内で席についた彼女は早速課の歓迎セレモニーを受ける。彼女のボックスのメモは偽の伝言メモ。電話をかけるとそこは動物園で、依頼主はライアンならぬライオンだった。

(.. Read more)


trackBack(1) | Comments(2)

Page up▲

デッドウッドS3#4 Full Faith and Credit

2009/12/03(Thu) 14:57
Deadwood

セスの息子ウィリアムの事件以来、デッドウッドから姿を消していた馬屋のホステトラーと将軍が戻ってきた。自分たちはウィリアムに対する責任から逃げたのではない、あの時の町の状況では自分たちは殺されていただろうし、ウィリアムをはねた馬を捕まえなければならなかったのだ。

(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

TheWire/ザ・ワイヤー S4#40 Home Rooms

2009/12/03(Thu) 08:17
The Wire

オマーの朝。彼は新しい彼氏リナルドと同居している。常食にしているハニーナッツ味のシリアルを買いに、真っ青なサテンのガウン姿で渋々買い物に出るオマー。ガウンでは銃をさす場所が無いので丸腰だ。そんなだらしない格好でも、彼が現れると子供たちは蜘蛛の子を散らすように逃げて行く「オマーが来たぞ!」
彼は相変わらず一匹狼だ。棚から牡丹餅的にアパートの上から降ってきた薬には手を出さない。出所が気に入らないからだ。主義に反することは決してしない。前と同様にターゲットを定め、下見をし、素人くさいリナルドといっしょに雑貨屋の顔をしたドラッグセンターを襲う。とりあえず今日も成功だ。

(.. Read more)


trackBack(1) | Comments(2)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2009 Funnybones -備忘録其の二-, all rights reserved.
Calendar
11 | 2009/12 | 01

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Page up▲