8月のWOWOW

2009/07/22(Wed) 19:29
movies

えーもうガイドが届く時期?8月は地味めな気がする。(あくまでも私の予定が地味なのである。)

4日深夜1時55分「決断の3時10分」
これのリメイク(Jマンゴールド監督&ラッセル・クロウ&クリスチャン・ベール)が見たいのに日本に入ってこないなあと思っていたら、近々公開のようで嬉しい。

5日夜7時40分「おいしいコーヒーの真実」
前日4日に「いのちの食べかた」も有り。(夜7時20分)

6日深夜1時40分「無ケーカクの命中男/ノックトアップ」
なにこの邦題。

7日午後0時10分「鬼火」(wowow3)

11日深夜1時40分「ジプシー・キャラバン」
タラフ・ドゥ・ハイドゥークスのライブは最高にかっこいい。

「ランド・オブ・ウーマン」19日午前5時20分今度こそ(苦笑)。
ドラマは9日午後3時「バーン・アップ」(18、19日夜7時にも有り)がある。面白いのかな。

trackBack(0) | Comments(5)

Page up▲

朝から頑張ったのになあ。

2009/07/22(Wed) 15:35
movies

HDD/DVDレコーダーのHDDをまっさらにしようと、朝から映画を見続けている。「ナッシュビル」や各種バレエ、フィギュアスケートをRWに焼き、迷ったものは削除、あとはひたすら視聴。

「セクシー・ビースト」
レイ・ウィンストン主演ベン・キングスレー共演。裏社会から足を洗ってスペインで悠々自適の生活をしているガルのもとを、貸金庫強盗計画に加わるようドンが尋ねてくる。ガルがのっぺりとした隠居生活に飽き、閉塞感を感じているのは明白だが、彼は復帰を執拗に拒む。一度は引き下がったドンだが、やはり許すわけにはいかない。ガルの家へ戻り、彼の妻ディーディーや友人夫婦(アイチとその妻ジャッキー)をも脅し侮辱し、ガルに復帰を迫る。そして最初に銃を手にしたのはガルが可愛がっている手伝いのスペイン人少年、もちろん撃てずにドンに奪われる。が、ディーディーは狙いを外さない…ジェームズ・フォックスやイアン・マックシェーン(やや若い)等役者は揃っているのだが、ちょっと監督気取り過ぎ。期待はずれであった。

「愛人ジュリエット」
マルセル・カルネ監督ジョセフ・コスマ音楽ジェラール・フィリップ主演。ミシェルは勤めていた店の金を盗んで拘置所に。彼は盗みの前夜知り合った客のジュリエットと出掛けるために、金を盗んだのであった。居心地の悪い拘置所の夜、彼は夢を見る。拘置所の扉が開き、外へ出てみると、そこには白い村が。そこに住む人々は誰1人として過去の記憶を持っていない。自分の名前もわからず、なぜそこにいるのか、誰も覚えていない。隣人についさっき挨拶したはずなのに、もう忘れている。ミシェルが「ジュリエットを知りませんか?」と尋ねると、見た、知ってる、私がジュリエットかも?と村中が騒然とする。ミシェルが記憶を持っていることが、皆を混乱させるのである。過去の記憶は人を不幸にする、とアコーディオン弾きは言う。ジュリエットを探すのはあきらめて、忘れたほうがいい、とミシェルをたしなめる。
でもミシェルはあきらめない。やはり記憶の無い金持ち風の男の城から逃げてきたジュリエットを、森の中でやっと見つける。彼女は彼を覚えていないが、ミシェルは幸せでいっぱいだ。
彼女は『そうあってほしい』記憶を無理矢理作り、そこにミシェルをはめこもうとする。ほらいっしょにスペイン旅行に行ったでしょ、あの時のショールだわ。ミシェルはその記憶の中に自分がいないことを知っているから、淋しく虚しく思う。でも君が幸せなら、僕はその『記憶』を受け入れよう。
そう思った矢先、城の男がジュリエットを捕まえてしまう。彼女はミシェルのことを忘れ、男と結婚することに。ミシェルはなんとかしてジュリエットに自分を思い出してもらおうと必死だ、そして彼女は思い出してくれる。たとえ彼女が他の男と結婚しても、ミシェルは常に彼女の記憶の中にいるのだ‥夢が覚め、ミシェルは現実に戻る。店主は告訴を取り下げミシェルは釈放されるが、告訴取り下げはジュリエットの依頼によるものだった。そして彼女は店主と結婚することを決めていた。
絶望したミシェルは、『危険、近付くな』と書かれた扉を開ける。するとそこにはあの村が。記憶の無い村への道が続いていた…。
いやー大変切なく面白い映画でっす!

「パパは出張中!」
エミール・クストリッツァ監督ミキ・マイノロヴィチ主演。50年代のユーゴスラヴィアの共産主義社会に翻弄される人々を風刺的に描いた作品。これ、劇場で見たっけ。と見始めて思い出すというのは、一度読んだ本を途中まで読んで「これもう読んだ本だった」と思い出すのと同じか。

ここまで見てレコーダーのパンフレットを開いたら、初期化はHDDが『HDDの情報が正しくありません。初期化を行ってください』とSOSを発しないとできない、とあるではないか。なんだ出来ないじゃん、がっかり。
でもここまできたら意地なので「現金に体を張れ」「突撃」というキューブリックの2作品を見てしまおう。腰が固まらないよう、時々運動してます。

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

刑事ヴァランダー雑感。

2009/07/20(Mon) 16:43
WOWOW

性懲りもなく1話を録り損ねた。が、持つべきものは友、近々補完できる予定。
初回無しで2、3話を見ても、素晴らしいと思った。
事件と捜査の展開よりも、ヴァランダーの人となり。全然颯爽としてなくて、人生から滑り落ちそうで、仕事がなかったら廃人かもと思うくらい、疲れている。
海や麦や山の香りと、血の匂いが混じったようなビザールな世界。風光明媚の裏側は陰惨な地獄絵、みたいな。
現代か近過去か一瞬迷うが、オンライン犯罪と車種の新しさから、モダンなのだとわかる。そのちぐはぐな感じが面白い。そういえば2話3話どちらの事件も、万事急ぎ過ぎの現代社会、隣人を愛せなくなっている現代人と、それに抗う人々の対決の要素があったっけ。
吹替版で見たので、3話の島でヴァランダーが慟哭するシーンをケネス・ブラナーの地声で是非見直したい。字幕版の再放送は無いのだろうか。

trackBack(1) | Comments(4)

Page up▲

扉をたたく人

2009/07/20(Mon) 16:13
movies

ウォルターはコネティカットの大学で教鞭をとっている。専門は国際経済。常に渋い顔で、人気教授とは言えない。事情があってレポート提出が遅くなったという学生の説明に全く耳を傾けず、ただ拒絶。新学期のシラバスは去年の焼き直しだ。
過去の業績はあるようだが、今の彼の周囲には活気が全くない。

(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

バトルスター・ギャラクティカ3#53 Crossroads Part2

2009/07/16(Thu) 00:26
Battlestar Galactica

アダマは朝の支度。ひげ剃りに失敗して首に切り傷が。何かと気の重いロズリンは、起き出したくなくてアダマに電話する。「そのデカい尻を上げて起きろ」とアダマに一喝されて微笑むロズリン。
チロルは無意識のうちに、あるメロディーを口ずさんでいる。
一夜を共にしたアンダースとトーリにも、同じメロディーが聞こえている。


(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

バトルスター・ギャラクティカ3#52 Crossroads Part1

2009/07/09(Thu) 20:11
Battlestar Galactica

夢の中のロズリン。劇場にいる。ヘラと思わしき少女が回廊を駈けていく。ロズリンの向い側にはシャロンが。二人はヘラを追いかける。そして階段を駆け下りたヘラを、シックスが抱き上げる。はっと目覚めるロズリン、今の夢の意味はいったい何?


(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Mad MenS1#5 5G

2009/07/06(Mon) 01:13
Mad Men

ドンの広告賞受賞で、羽目を外すドレイパー夫妻。そうそうお目にかかれる姿ではない。周囲の評価に浮かれるドンではないけれど、認められるのはやはり嬉しい。

(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

バトルスター・ギャラクティカ3#51 The Son Also Rises

2009/07/02(Thu) 00:12
Battlestar Galactica

スターバックがいなくなったギャラクティカ。彼女のファイルを順繰りに見ていくアダマ、涙をこらえられない。ヴァイパーの上で酔っぱらうアンダースと彼を降ろそうとするリー、二人とも喪失感でいっぱいだ。リーはブリーフィングを正確にこなすことができない。レーストラックをスターバックとつい呼んでしまう。パイロットたちの間に微妙な空気が流れるが、言葉を発する者はいない。


(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2009 Funnybones -備忘録其の二-, all rights reserved.
Calendar
06 | 2009/07 | 08

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Page up▲