Selected category

All entries of this category were displayed below.

人は何のために生きるのか。

2013/08/15(Thu) 18:46
movies

「三姉妹」
中国雲南省内、高度3200mの村に住む人々の記録。いや、ありていに言えば貧困の記録だ。
粗末な家で暮らす三姉妹、無口な10才の長女、やんちゃな6才の次女、人懐こい4才の三女。両親の姿は無く、長女が二人の世話をみているようだ。父の存在は会話の端々から感じられるが、母親の気配は無い。
生計をどうやってたてているのか、父の仕送りと祖父の羊の放牧でなんとか、だろうか。
日々の食事はどうしているのか、学校は行っているのかいないのか。そもそも学校はあるのか。
ある日父が帰ってくる。しかしそれはひとときのことで、次女三女を連れてまた出稼ぎに出ると言う。お前は残ってここでおじいさんと暮らしなさい、おじいさんを手伝うんだよ、と父は命じる。長女はいいともいやとも言わない、言っても仕方ない、もう決まったことだから。
祖父との二人暮らしは労働の日々だ。祖父にとって、頑丈で従順な孫娘は単なる労働力でしかない。
食べて行くためには働かなくてはならないのだ、働け働け!
勉強などしおって羊に逃げられたらどうする?!
長女は黙々と働く、文句一つ言わず、何かにあたることもなく。
長女はいつもフラットな表情をしている。無表情なのではなく、無意識のうちに感情の表出が抑えられてしまっている『一歩手前で止まった顔』。学校の始業前、門の外で駄菓子を売る女に群がる子供たちを最後まで眺める彼女、彼女には駄菓子を買うお金すら無いからただ見ているしか無い。でもその顔は羨ましいとか悔しいという顔ではないのだ、なんだろう、ただただ目を離すことができなくて、じぃっと凝視している、なすすべもない顔。私はとても哀しい。
150分強の作品の中で一度だけの笑顔は友だちに向けてのものだった。糞拾いをする友だちに「遊びにいっていい?」と言ってみる彼女。彼女は遊びに行けたのだろうか。
そして父と妹たちが帰ってくる。子守役の女性とその娘もいっしょで、家族は6人になった。家族の会話は戻ったが、家計の大変さは変わらない。
仲睦まじい三姉妹、かいがいしく働く子供達の姿、時折はさみこまれるユーモラスな光景、それらに反応して観客は笑う。でも私は全く笑えない、なぜ笑えるのだ。この壮絶な貧困の記録を見せられて笑えるわけがない。
貧困な村とはいっても、携帯電話や携帯ゲーム機を持つ村人もいる。党の農村改革政策も断行されようとしている。数年後には様変わりしているのかもしれない、でももしかしたら村全体が崩壊しているのかもしれない。人も村も限界ぎりぎりの世界なのだ。
生きていくためには働かねばならないと大人たちに言われて子供達は働く。弟妹の世話をみるのはあんただよと言われて長男長女は親代わりとなる。しかし子供時代を奪われ、ああも苦役を強いられ、それでも生きねばならないその価値とは何なのだろう。生きているだけでも十分だなんて私には言えない。
つらかった。本当につらい映画だった。

Comments(2)

Page up▲

ホーリー・モーターズ

2013/05/04(Sat) 22:30
movies

レオス・カラックスの新作「ホーリー・モーターズ」を見た。久しぶりのスクリーン、久しぶりのカラックス!
主人公オスカーの『アポ』が息つく間もなく次から次へと繰り出される。銀行家、物乞いの老婆、モーションキャプチャーのスペシャリスト、怪人メルド、娘を迎えにいく父親、殺人者、リムジンの中で準備をする彼の顔には疲労の影が見えるがひとたび『アポ』につけば活き活きと、アグレッシブに、怪しく役割をこなす。時には残酷に、時にはユーモラスに、美しく。
どの彼が本当の彼なのか、と考える必要は全く無い。どれも彼なのだ。
嘘をついた『娘』に彼は言う「お前の罰は、お前として生きることだ」お前は自分としてしか生きられない。しかしそれは罰なのか?終わりの無いアポイントメントの連続を生きる彼は、娘よりも幸せなのか?
と、辛気くさく書いてみたが、見終わった瞬間私は幸福感に包まれていた。なんて楽しい映画なのだろう!なんて瑞々しいのだろう!
作品の至る所に美がちりばめられているが気取っていない、やり過ぎない。引くべきタイミングで転換する。ものすごくウェルメイドな演出だと思う。
これぞ映画。映画を見る楽しみを十二分に味わえる傑作だ。胸がまだ躍っているよ。

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

かぞくのくに

2012/08/18(Sat) 09:50
movies

1997年東京。
帰国事業で北に行った兄ソンホ(井浦新)が、病気治療のために25年ぶりに日本に帰ってくる。
支部の幹部である父(津賀山正種)、喫茶店を1人きりもりする母(宮崎美子)、気ままで明るい妹リエ(安藤サクラ)が迎えた25年ぶりの兄は痩せて寡黙だった。そして影のようにつきまとう監視役の男ヤン(ヤン・イクチュン)がいる。
久しぶりの楽しい夕餉、同窓会、妹との語らい、兄の心の中には様々な思いが揺れ、言いたいことも山ほどあったろう。しかし彼は言葉に出来ない。北朝鮮という足枷のせいだけではない、言いたいことが有り過ぎて言葉にできないのだ。一度口にしたら何を言うかわからない止められない、家族を傷つけてしまうかもしれない。

言葉にできないのは彼だけではない。
父は幹部である面子もあり、『地上の楽園』に我が息子を送りださねばならなかった。もちろん25年前は信じていた、きっと息子は幸せになれるだろう、日本にいるより良い暮しができるだろう。自分たちが耐えてきた苦労の数々は自分の代で終わりにせねばならない。そう思って息子を旅立たせた。しかしその選択は間違いだった。息子はやせ細り、何の自由もなく、重病を治すためだというのに帰国許可を得るのに5年もかかってしまった。この現実を前に父は何も言うことができない。一番言わねばならないことはわかっている、すまなかった、という謝罪の言葉。しかしそれを口に出しても何にもならないではないか。面目の問題ではない、謝っても息子を救うことは出来ないし、25年前に戻ることもできない。
ただ黙ってうなだれるしかないのだ。

母はいつも笑っている。大輪のひまわりのような明るい笑顔で息子を迎え、優しい言葉をかける。尋ねたいことがたくさんあったろう、でも尋ねない。話したいと思ったら話してくれる、その時を待てばいい。その時は永遠に来ないかもしれないが、母は待っている。涙を笑顔で包み隠して、待っている。

リエは嬉しくて仕方ないが、やはり彼女も言葉にできない。あんなに楽しみにしていた兄の来訪、今まで一人っ子のように育ってきた彼女にとって両親の話や写真の中でしかその存在を知ることのできなかった兄が、今目の前にいる。黙って微笑んでいる。何でも言ってよ聞いてよ、何でも答えるから!というのはリエの流儀で、兄はそういうのに慣れていない。何も考えないようにしないとあの国では生きていけないんだ、思考停止は楽だぞ、と自虐的に言う兄。もちろん彼だってそんなのは嫌に決まっている。16才まで彼は自分で考えて生きていたのに、それを突然取り上げられてしまったのだ。
兄の顔に浮かぶ複雑な表情を見ると妹は何も言えなくなり、北に対する怒りが少しずつたまっていくのだった。

言いたいことは言えないが、上からの命令は果たさねばならない。工作員の仕事をやる気はないか、と兄は妹に尋ねる。俺が本当に言いたいのはこんなことじゃない、でも言うしか無い。リエは全身を震わせて怒り、断固として断る。そうだ断っていいのだ、お前は日本に生きているのだから。自由に怒れ、叫べ。

25年ぶりに商店街を歩く時、
リモワの店内で光るスーツケースを手にする時、
昔のガールフレンドのスニと話す時、
ソンホの顔には作り物ではない本当の表情が浮かぶ。それぐらい許してやってほしい。ひととき手にすることができた自由を満喫してほしい。
そのひとときは残酷なものかもしれない。国に戻れば思考停止の日々、病に蝕まれるのをただ耐える日々がまた始まる。でももしかしたら、この日本での幸せなひとときが彼の心の支えになるかもしれない。そうあってほしいというのは、私のナイーヴな甘ったれた願望なのだろう。ソンホを待つ生き地獄のような日々を、私は直視できない。

監視役のヤン同志。
監視役という嫌な役目ではあるが、彼もソンホと同じように黙って耐えて生きている。
リエはヤンに向かって「あなたなんて大嫌い、あなたの国なんて大嫌い」と怒りをぶつけるが、母はそうはしない。何も言わないヤンの心中や彼の向こう側にあるものがわかるから、彼女は黙ってスーツを新調してやり、お子さんにどうぞ役立ててください、と土産を持たせる。帰国したらヤンは息子と何の接点も持たされず、息子の世話などしてくれないと分かっていても、息子をお願いします、と頼む。彼女の手紙はこぼれんばかりの笑顔で満ちあふれ、同時に泣いている。
息子とヤンの靴はぴかぴかに磨き上げられていた。光る靴がせつない。

ソンホはスニに言う「ずっと笑っていてほしい」そこには『母のように』という願いがあったかもしれない。スニは涙を必死に堪えて笑みを返そうとする、せつない。

役者全員が素晴らしい。特に安藤サクラと井浦新、できるだけ多くの人に彼らを見てほしい。
さりげなく寄り添う、大袈裟でない音楽がよい。じゃじゃじゃーんと派手に鳴る音楽や、既成の色の付いた音は自然と排除されている。それがこの作品にふさわしい。
全体の色のトーンが抑えられている。これまたふさわしい。
衣装もよく考えられている。リエの衣装のラインが非常にきれいだった、Tシャツに描かれた絵も印象的だった。
この作品におけるスーツケースはリモワでなくてはならない。正しい選択だ。
全てが端正に整えられ、厳しく、まっすぐこちらに向かってくる。私はそれと立ち向かわなくてはならない。
自由とは何か。私は本当に自由なのか。

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

プリピャチ

2012/05/21(Mon) 15:53
movies

チェルノブイリ原発事故の12年後、発電所の隣町プリピャチの様子と人々を綴ったドキュメンタリー。

一度は町を離れたものの、生まれ育った町に戻りたい最後の日までそこで暮らしたいと家へ戻ってきた老夫婦。
爆発しなかった3号機稼働の仕事につく男性。
発電所の研究所で健康管理の仕事を続ける女性。
避難したかったのにできなかった不遇を嘆く女性。
町の入口にある検問所や、放射能に汚染された車両の保管場で働く男性。
放射能による水質汚染状況を調べる研究員。
情報不足で八方ふさがりのなか住民を診ざるをえない女医。
彼らは「放射能は怖くない」と言うけれど、本当は怖いのだと思う。
でも、本能的に苦悩の対象をずらして、異相化させて恐怖を紛らわせているのだと思う。人はそうやって生き延びていくのだ。

ゴーストタウンと化した町-そこそこ立派な町である-に雪が降り積もる。普通なら雪遊びに興じる子供達の姿があちこちに見えるはずなのに、その雪面には足跡一つ見えない。
研究所から元の自宅まで案内する女性の歩みは力強く、撮影者たちが置いて行かれそうな勢いだ。でも自宅だったアパートに着きその惨状を目にした彼女は涙目になり言葉を発することができない。

画面を何度となく横切る猫たち、ああいずこも同じなのだ。

淡々とした白黒の画面はただ深刻なわけではなく、明るく、軽やかですらある。が、最後にはずっしりとこたえる。あとで効いてくる作品だ。
昨日見てがっかりした某アメリカ映画(日本人の大好きなハワイが舞台のアレである)より10倍は見る価値がある、本当に。

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

キザで無様で。

2012/05/17(Thu) 13:19
movies

「ドライヴ」
昼間の仕事は自動車修理工、あるいはカー・チェイスや車横転のスタントマン。「事故って何かあっても貴社を訴えません」にサインし、ゴムマスクをかぶりハンドルを握る。
そして夜は強盗相手のドライバー。外で5分待つ、5分以内に出てくればあとは俺が安全な場所まで送り届けてやろう。どんな狼藉を働いたとしても彼の車に乗りさえすれば大丈夫、悪人たちは安心して眠ることができる。
男の部屋(常に仮住まいのような空っぽの部屋)の隣には、可憐な母親と黒い瞳の少年が住んでいる。挨拶と荷物運びまでの付き合いが、徐々に広がる。ちょっとお茶でも、ちょっと車で出掛けようか。まるで本当の父親・恋人のように、男は彼女らの空間にしっくりと馴染んでしまう。勿論それは、不幸の始まりでもあった。

古典的な話ではある。
非人間的な・超人的な、しかし道義を計る正確なものさしはしっかと持つ男主人公が、寂しげではかなげな母子とのふれあいによって、彼のような人間にとっては持たずにいたほうが生きやすかったであろう人間性を取り戻してしまう。母子にはトラブルメーカー的な夫・父親がいて、当然絶体絶命のピンチに陥る。見てみぬふりをすればいいのに、男は助ける道を選んでしまう。
彼は約束を絶対に守る。5分待つと言ったら待つ。スタントを成功させるといったら成功させる。助けるといったら助けるのだ。死んでも約束は守る。そして母子を助け、彼は去っていく。

ライアン・ゴズリングが猛烈にかっこいい。
顔は甘いのだが、ロングでリーンなスタイルが魅せる。何をしてもかっこいい。(と、私は彼にいかれている。)
無駄口はきかずに、躊躇せず、果断に行動する。こんな男いないに決まってる、だからいいのだが。
その彼のクールさをひきたてるのが、計算尽くしか其の逆かはさておき、人々の無様な姿だ。笑っちゃうくらいあっけなく、みっともなく敵や味方が死んでいく。強盗に加わるビッチな女(マッドメンのジョーン、あんなに若くて足が細いのだな)が殺される瞬間私は声をたてて笑ってしまった。不謹慎だが笑うしかない、そんなに無駄遣いしていいのかと。銃撃や格闘シーンをかっこよく創るのはいくらでもできる、それを敢えてしないのが面白い、潔い。
リズムが独特で一定ではない。統一されたゴズリングのリズムと周囲の破調的なそれとが創りだす全体の流れが、緊張感あふれていて良い。

とにかくゴズリングがクールでかっこいい。完璧にやられた。私のことも助けてよ、お願い。

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

少年と自転車

2012/05/04(Fri) 15:25
movies

シリルはホームに預けられている少年。
「一ヶ月で迎えにいくから」という父の言葉を信じて待っていたが、父が現れるわけもなく。
不通となった自宅の電話番号に何度もかけるシリル。押し間違えたに違いない、番号が変わったことを知らせてくれないわけがない。引っ越したという管理人の言葉も信じない。僕の自転車があるはずだ、取り返さなくちゃ。
ホームを抜け出して団地へたどり着き、すったもんだの末部屋に入る。皆の言うことが正しかった、無人の部屋には紙きれ一枚落ちていない。
サマンサは美容院を経営している。偶然出会ったシリルのことがなぜか気にかかり、彼の自転車を取り戻してやる。さらに週末限定とはいえ里親になることも了承する。
そして、『父親にどうしても会いたい』というシリルの願いもかなえてやる。予想されていたことだが、父親は息子を拒絶。二度と会いにくるな、電話もかけてくるな、俺には子供は無理だ。
帰りの車の中で、シリルは自分で自分を痛めつける。僕が悪いから父は僕を愛してくれないんだ、僕のせいだ僕のせいだ。サマンサは彼を抱きしめることしか出来ない。

サマンサとシリルの生活は順調には進まない。
俺とこいつのどちらを取るのか、と彼氏に迫られたサマンサがシリルを選んでも、彼はまだ彼女を信じきれない。
父という存在を求めてしまう彼は下心みえみえの町の不良に惹かれ、強盗まで働いてしまう。相手を喜ばせたい一心のシリル、痛々しくて見ているのがつらい。
金は盗れたが強盗は失敗。不良に捨てられ、盗んだ金を父に贈ろうとして拒絶され、シリルはやっとサマンサの愛に気付く。

ずっと暗い顔だったシリルが、はじけるような笑顔でサマンサと自転車を走らせる。こわばっていた身体ものびのびとしている。
サマンサを手伝い商店主に礼儀正しく挨拶する彼を見ていると、ああこのまま良い方向に進み始めるのかもと一瞬思う。が、ダルデンヌ兄弟の映画は気休めや見せかけのハッピーエンドを用意しないから、やはり不安。
そして不安・不穏なまま映画の幕は下りる。
次の週末も少年がサマンサと再び自転車を走らせ、笑い合っているといいのだが。

子供は強くて弱い。大人に振り回される。
息子を拒絶した父親は確かに卑怯だが、本当に無理だったのだ。自分には責任が取れない、愛してはいるが求められるだけのものを返してやれる自信が無い、多分無理だ。だったら手を離したほうがましではないか。そう考えたとしても、私には彼を責められない。

私にとってダルデンヌ兄弟のベストは「イゴールの約束」と「息子のまなざし」で、今回の新作がそれらを上回ることはなかった。とはいえ、見てよかったと思う。

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

アカデミー賞、たいくつだ!

2012/02/27(Mon) 23:15
movies

全く興味が持てないので日中は無視、再放送を適当に流しているトコロ。
何が退屈って今日の司会。いつか来た道の繰り返し。つーまーらーんっ!
いっそのこと、その年の担当局の看板キャスターにやってもらってはどうだ。ギャグ無しでいいので事務的にさくさくと進めれば時間短縮にもなる。間の各種余興(と言うと失礼だが)も無くてよし。
やはりモノマネ賞になったのか、な女優賞。ハイハイ。
予想通りの主要賞独占のモノクロ映画、賞取らなくても見ますってば。
退屈な中、ブレット・マッケンジーだあっ!唯一彼の受賞だけが嬉しかった。
オドロイタのはニック・ノルティ。酒焼けしたみたいな赤い、膨張した顔、ひえ~どうしたのぉ?!

明日はドラゴンタトゥーの女を見ることにした。ヒューマンでしみじみとした映画よりも、自分にとって画期的な何か、ポジティブでもネガティブでもいいから驚きを与えてくれる映画を映画館で見ようと思う。
なにはともあれ、やっぱりフィンチャーは見なくちゃね。

trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

アニマル・キングダム

2012/02/10(Fri) 15:38
movies

少年はテレビに流れる賞金クイズ番組をぼうっと見ている。
彼の隣にはしどけない姿の女性が座っているような寝ているような。救急隊員がやってきて「何を摂ったんだ」と尋ねると、ヘロインと少年ジェイは答える。隊員の手当てのかいもなく、過剰摂取で女性は死亡。
ジェイは唯一頼りになる祖母へ電話をかける、母さんが死んだ、どうやって葬式を出したらいい?僕はこれからどうしたらいい?ジェイは祖母の家に連れて行かれ、そこに出入りする3人の叔父たち-彼らは強盗やドラッグの密売を生業にしている-との共同生活が始まる。ようこそ我が王国へ、強き我らがお前を守ってやろう。
実際のところ、彼らには少年を庇護する余裕など無かったのだ。特捜班が全員を狙っていた、家に張り付き24時間監視もしていた。しかし決定的な証拠が無かったから、彼らは逃げ果せると思っていた。特に長兄のポープは。
まずポープの親友であり強盗仲間のバズが捜査官によって撃たれ死亡。これは、「お前らは1人残らず葬ってやる」という警察による警告だ、見せしめだ。しかしポープはおとなしくするどころか、逆襲に出る。ジェイに車を盗ませ、警官をおびきよせ射殺。
彼らは特に逃げもせず、逮捕される。過去の犯罪と同じく証拠は無かったし、敏腕弁護士が付いているから今回も大丈夫だ。案の定取り調べの後3人は釈放されるが、警察は『ジェイ』を狙う。ポープの王国の新入りはまだ子供だ、彼ならまだこちらに引き込めるはずだ。レッキー捜査官は、捜査の駒として利用するだけではなく、少年ジェイ自身のことも心配していた。君にとっての居場所は本当にそこなのか?もう一度じっくり考えてみてくれ、やつらは本当に君を守ってくれるのか?
ジェイはポープたちを信じていた。彼らが罪を犯していることはわかっていたけれど、それでも家族だと思いたかった。彼らを失ったら自分には何も残らない、自力では生きていけないことをジェイは理解していた。そう、彼はまだ子供なのだ。
しかしポープはジェイを容赦なく利用する。ポープは本当の強者では無い。ジェイが自分を頼るしかないのを知っていて、自らが生き残るために利用するだけだ。ジェイのガールフレンド、ニコールを獣のような目で眺め、邪魔者と判断した後殺してしまう。彼女はただの少女だった、ちょっと好奇心が強かっただけなのに。
ニコールが殺されたことを知ったジェイは警察に協力することを選ぶが、事態は思ったほどスムーズには運ばない。多分誰よりも生存能力の強い祖母の策略で、一度は消されかかるジェイ。なんとか生き延びた彼が、最後に選んだ道はなんとも哀しく険しいものだった。

全編を通して伝わってくるざらっとした感触がすこぶる魅力的。叔父たちの強さと弱さがバランス悪く見え隠れする様があわれ、巻き込まれまいと思ってもずるずるとひきずりこまれる子供たちが哀しい。拘置所に収監されていた間に三男のダレンは性的虐待を受けたのではないだろうか、母親と対峙した時の表情がそう物語っていた。その時もポープは彼を守ってやれなかったに違いない。もしかしたらポープがダレンを差し出したのかもしれない、自分が生き延びるために。
祖母の青い瞳が最後の瞬間だけ曇る、それまで何が起こっても何を言われてもひるまなかった彼女がジェイの選択によって初めて恐怖を感じた。王国が音をたてて崩れていく、彼女にもそれを止めることはできない。
ガイ・ピアース演ずるレッキー捜査官役の描かれ方がとても良い。彼がダウン症の子の相手をしたり、妻と仲睦まじく買物をする姿がさりげなくて、捜査官の誠実さがよりよく伝わってくる。彼がジェイを心配するのは演技ではなく、本心なのだと信じられる。
そういう人の誠実さを見た後だから、あの結末の過酷さが身にしみる。でもジェイにはあれしかなかった。検察側に約束したはずの証言を口にすることなく叔父たちを無罪放免にした後、自らの手でポープを始末する。ニコールを殺させてしまった罪を償い、王国を抜け出すためには、こうする以外他になかった。
壮絶な物語だった。本当に見てよかった。

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

映画覚書き

2012/02/02(Thu) 21:29
movies

知らない間に増えていた。

「今日と明日の間で」ミリオン 2月11日~ バレエファンの間でえっらい評判が良いので。 多分行けない。諦めた。バレエ熱が平熱になっちゃったし。
「メランコリア」 ミリオン 2月17日~ アレックス出てるし、良くも悪くもラースフォントリアーだから。 金返せとまでは言わないけど、狐につままれたような気分。
「フラメンコ・フラメンコ」 ミリオン 2月25日~ カルロス・サウラのフラメンコ映画といったら必見。パコ・デ・ルシア!!!
「Shame」センチュリー 3月10日~ 「Hunger」併映だったら最高なのに。→予告編見た。あれってネタバレじゃないの?
「少年と自転車」ミリオン 4月 あら嬉しい!ダルデンヌ兄弟見ずしてどうする!そしてオリヴィエ・グルメ!

うーむ、なかなか難しくなってきました。時間取れるかな。

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

映画覚書き

2012/01/06(Fri) 09:31
movies

ゴールド・シルバーが閉まる前に一度は行くべきか。「ロンドン・ブルバード」上映中。
今月7日に始まる「ミラノ、愛に生きる」はうちで3回は見てるのでパス。名演小劇場は実はあまり行きたくない映画館なのである。

「灼熱の魂」 名演 1/14-
「Jエドガー」 MLS 1/28-
「善き人」 ミリオン 1/28- (ジェイソン・アイザックスとジョディ・ウィテカーも出てる!)
「アニマル・キングダム」 名演 2/4-
「サラの鍵」 名演 2/4-
「人生はビギナーズ」 ミリオン 2/18-
「ピアノマニア」 名演 2/25-
「マリリン7日間の恋」 ミリオン 3/24-
「ドライブ」 センチュリー 3/31-

いつ公開かは不明だけれど「ニーチェの馬」(シネマテーク)が楽しみ。

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 Funnybones -備忘録其の二-, all rights reserved.
Calendar
06 | 2017/07 | 08

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲