Selected category

All entries of this category were displayed below.

デッドウッドS3#12 Tell Him Something Pretty

2010/01/24(Sun) 20:34
Deadwood

アルマは町に残るために鉱区をハーストに売ることを決意。絶対に売りたくない相手だが、そうするより他に道がない。
ハーストは商談成立だけでは満足せず、トリクシーの死体をアルに要求する。娼婦の死に顔を確認したら、次の金儲けの旅に出る。
トリクシーは死を覚悟するが、ソルがそれを許さない。他の誰を犠牲にしてもいいから、トリクシーと生きていきたい。彼女も心の底では同じ気持ちだ。死ぬのは怖いしソルと離れたくない。
セスは大差で選挙に負けるだろう。ハーストの投票操作をくつがえすのは不可能である。
ジョアニーはもうサイを恐れない。彼女にはジェーンがいる、ジェーンを守るのが自分の役目だ。
アルはトリクシーを殺せない。彼女はアルにとって特別な存在であるから。そして、彼女と同じブロンドの髪をしたジェンをトリクシーの代わりに選ぶ。ジョニーはジェンを死なせたくないが、ボスには逆らえない。
トリクシーはジェンの死体を見て涙を流しながら、自分のドレスをジェンに着せる。つらくてもやらなくてはならない、それが彼女の選択の結果だから。
ジャックの劇団は公演を実現させるのだろうか。彼は苛立ちを抑えられずクローディアにぶつける。
将軍は町に残った。スティーブの世話は、ナンバーテン酒場と交代でしているようだ。
ハリーはハーストのおかげで保安官に当選するかもしれないが、それよりもトムが消防車をそろえてくれたことの方が嬉しそうである。
ホークアイが連れてきたならず者とウーの部下が集合する中、ハーストはデッドウッドに別れを告げ、馬車を出発させようとしている。セスが馬車に歩み寄り、皆の注目が集まる。復讐のために、正義を果たすために、セスは銃を抜くのだろうか。
しかし血は流れない。もう満足しただろう、とっとと出ていってくれ。何者にも心乱されることなく、ゆっくり眠りたい。
床に残るジェンの血の始末はアルの役目。一人拭き続ける。

誰もが生きていかなくてはならない。
時代の流れにのみこまれていく彼らを見るのはしのびないが、誰にもその流れを止めることはできない。
生き延びるために理不尽を甘受することは逃げではない。
敵に立ち向かう者が勝利をおさめ、英雄が生まれる時代は去った。
デッドウッドはいつか消えてしまうのだろう。
淋しいけれど、それが運命なのである。

trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

デッドウッドS3#11 The Birdcat Seat

2010/01/20(Wed) 09:59
Deadwood

眠れない夜。
セスの雑貨店に皆が集まっている。セス、ソル、チャーリー、トリクシー。スタージスでの演説会に行くべきか否かセスは迷う。そもそも遊説自体が仕組まれたものではないのか、多分そうなのだろう。しかし彼は行くことを決意する。

(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(4)

Page up▲

デッドウッドS3#10 A Constant Throb

2010/01/19(Tue) 22:05
Deadwood

サイは甘えている。治りかけた傷を掻きむしった痛いとドクに泣きつき叱られる。生きるか死ぬかの瀬戸際でドクを待っている患者が他にいるというのに、サイは無駄に自分を傷つけてドクを呼ぶ。あるいは、新しい娼婦に毒づいてみる。でも何も変わらない、いいことは何も起きない。

(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

デッドウッドS3#9 Amateur Night

2010/01/10(Sun) 18:41
Deadwood

町に乗り込んできたのは、ピンカートン探偵社の者たちだった。ハーストは、「私に雇われてることを見せつけ、なるだけ目立つようにしろ、騒動を起こしたって構わない」とバレットに命ずる。ピンカートンらは皆したたかで、いやな目つきをしている。

(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

デッドウッドS3#8 Leviathan Smiles

2010/01/03(Sun) 12:03
Deadwood

『パイオニア』紙が刷り上がった。メリックとブラザノフは通りのぬかるみを避けながら1軒ずつ配達していく。トップ記事は件のセスの手紙だ。夜が明けたばかりの薄暗い通りと、薄暗いホテルや酒場、どちらも静かで私はこの朝ぼらけのデッドウッドが好きだ。

(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

デッドウッドS3#7 Unauthorized Cinnamon

2009/12/24(Thu) 20:46
Deadwood

ハーストとオデルの会合。お互いを探り合う二人。オデルが所属するバプテスト会はリベリアの金鉱開発計画にハーストを引き込みたい。金鉱の可能性を示すために、オデルはそこでとれた金を見せる。


(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

デッドウッドS3#6 A Rich Find

2009/12/21(Mon) 17:53
Deadwood

一晩牢屋に入れられたハースト。俺にこんなことをしてどうなるかわかってるのか奴は。彼の牢の隣には死体。それは、彼の命令によって殺された労働者の死体である。

(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

デッドウッドS3#5 A Two-Headed Beast

2009/12/13(Sun) 23:31
Deadwood

表に表れている以上に裏にただならぬ何かが見え隠れする出来事が次々と起こる。血が流れる。人々の心がささくれだっていく。

(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

デッドウッドS3#4 Full Faith and Credit

2009/12/03(Thu) 14:57
Deadwood

セスの息子ウィリアムの事件以来、デッドウッドから姿を消していた馬屋のホステトラーと将軍が戻ってきた。自分たちはウィリアムに対する責任から逃げたのではない、あの時の町の状況では自分たちは殺されていただろうし、ウィリアムをはねた馬を捕まえなければならなかったのだ。

(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

デッドウッドS3#3 True Colors

2009/11/28(Sat) 14:23
Deadwood

演説の夜から10日たった。アルは部屋にこもり続けている。アルマの術後は順調で、鉱区についての話し合いをハーストに提案したという。トリクシーの報告を聞いてもアルは事実確認をするだけで特段動こうとしない。それがトリクシーには気に入らない。もう降参したっていうの?
デッドウッドに馬車が到着。ウーや電報技師のブラザノフ、ハーストの料理人のルーが乗っている。ハーストは衣食住関係を落ち着かせるためにルーを呼び寄せた。これで、デッドウッド征服に本腰を入れられるというものだ。

(.. Read more)


trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 Funnybones -備忘録其の二-, all rights reserved.
Calendar
10 | 2017/11 | 12

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Page up▲