Selected category

All entries of this category were displayed below.

もういいやーな気分。

2014/10/18(Sat) 21:18
その他ドラマ

「アウトランダー」という歴史ロマンス?ドラマのシーズン1前半の視聴が終わった。後半は来春の予定で、引き続きhuluが配信してくれるらしい。主人公含めて役者のアンサンブルが大変良く、脚色もうまい。スコットランドの自然、史跡などの描き方も美麗かつ的確。さすがRDムーアである。
が、後半を見るかというと、多分見ない。先日の第8話のラストは当然クリフハンガーで、クレア絶体絶命ジェイミーは妻を救うことができるのか?なのだが、あちらのクリフハンガー後の展開には拍子抜けな思いを何度もさせられてきたので、真剣に心配する気になれない。それよりもなんというか「ま、ここまで見ればいいか」な気分に落ち着いてしまったのである。
誤解のないよう言っておくが、大変レベルの高い、見応え十分のドラマである。hulu配信ではなく、BSでもCSでもどこでもいいから放送すべきだと思う。
それでも、もう十分に感じてしまう。おなかいっぱいなのだ、ごめんなさい。


Comments(2)

Page up▲

オバサンにはつらいです。

2014/09/21(Sun) 22:19
その他ドラマ

huluでアウトランダーを見ているが、イマドキのファンの在り方というか、SNSを活用したタイムリーでスピーディで、私には馴染みのない種のintimacyみたいなものについていけない。国境や時差を超えて、作品とその出演俳優及びファンがより近しい存在として交錯するような流れについていけない。引いてしまう。
ドラマ自体は面白いので今後も見るが、見るだけ。

ブロードチャーチの初回を見た。よく出来た導入部だとは思うが、この先を見たい結末を知りたいと思えない。文学も含めてミステリーというフォーマットに興味が持てなくなったのだと思う。

ひさしぶりにwowowの映画放送予定を見て、相変わらず魅力の薄いラインナップだと思った。放送権だか上映権だかの問題があるから仕方ないけど、チョイスの幅が狭い。繰り返しが多い。骨のある作品が少ない。huluも似たようなものだからwowowだけを責めるつもりはないけれど、これでは継続加入する気にはなれない。
10月に入ったらとっとと解約すべし。

Comments(0)

Page up▲

残ったのは4本のみ。

2014/01/17(Fri) 07:53
その他ドラマ

年末年始にMad Menのシーズン5を一気鑑賞した。高品質は維持しているが、見終えて出て来たのはこの一言「君たち、いつになったら大人になるんだ、ったく」特にドンとピート、同じことの繰り返しばかりしている。新しいおもちゃを手にしてひとときは満足する、今度こそ壊さないようにしようと最初は努める、でもあっという間に飽きて、壊してしまう。
一見ハチャメチャなロジャーが一番まともなのではないか、彼が若い妻に請われてLSDの体験パーティに出掛けるエピソードは傑作だった。彼は自分の行いを客観視できるから結局は道を外れないのだと思う。
で、私もMad Menには飽きた。この先6で停滞し、7で終わるようだがもういいや。
そもそもそれほど入れ込んでいたわけではないのだ。BSG、The Wire、Deadwoodのように放映が終わると即座に感想を書きたくなる気持ち、高揚感がMad Menからは得られない。自分の書いたBSGなどの感想記事をいま読むと、よくもまあ熱心に書いたものよと我ながら感心する。Mad Menには最初からそれが無かった。
Mad MenのDVDは一昨年あたりから廃棄検討対象になっていた。年をとってから見たくなるかもと一瞬考えたが、その時間があるならロメール、トリュフォー、カサベテス、ワイズマンを見直す方が先だ。燃えるゴミの日に出して、ああすっきり。
私にとって大事なドラマは結局、BSG、The Wire、Deadwood、In Treatment(S1&2限定)だけということで。

Comments(0)

Page up▲

昨今の海外ドラマ事情は、

2013/05/19(Sun) 08:37
その他ドラマ

どうなんだろうか。外野から見ていると、なんだか元気がないように見える。
「The Newsroom」がどうしても見たくて久しぶりにwowowに復帰、ついでに「パレーズ・エンド」も見た。この2本については概ね満足。前者は新味には欠けるもののソーキン節健在で、古い人間である私としてはTWWと同様、スタッフたちの熱意と正義感、理想に向かって作り上げていく様に胸が躍る。後者はbbcお得意のコスチューム系であるし、私の最重要関心事の一つである第一次世界大戦を題材にしていること(ドラマ内での描写は若干物足りないが)、カンバーバッチさんの熱演に大変心打たれた。
が、一方その他wowowで放送されているドラマはというと、是非共という気になるものが無い。継続組、新作組どちらも惹き付けるものが無い。この先放送予定のフォロウイングも、ドラマとしてはそれほどのものは無いと私は思う。(ケヴィン・ベーコンを確認しようと数話ダウンロード購入したのだが、いろいろと文句をつけたくなるドラマである。)
ではCS各局、国営放送はどうか。似たり寄ったりだ。ひるごはんの友、掃除の友的なドラマはあってもそれ以上のものは無い。
そして本国事情。Netflix発信となったHouse of Cardsや、サンダンス・チャンネルのカンピオン監督のドラマなど惹かれるものはある。しかし全体になんだかイマイチ感をおぼえてしまうのは私の偏見、思い込みだろうか?今の時期多くのキャンセル情報があがってくるが、どれもこれも(見てはいないが)キャンセルされて当然な作品に思えてしまう。

ああでもこれは、私の気持ちが離れてしまったからなのだろう。ドラマを見ない生活に慣れてしまったのだ。映画も同じで、どうしても見たいと思えるものだけ!と決めたら、見なくても平気になってしまった。
私が変わっただけなのだきっと。くさしてごめんなさい、テレビ様。


trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

びっくりだ。

2013/04/24(Wed) 07:05
その他ドラマ

「八重の桜」が不人気なのだそうである。全然知らなかった、思いもしなかった。海外ドラマからほぼ全面撤退した今、唯一見ている、それも相当熱心に(BSで見て地デジで見て再放送も見ることがあるくらい)見ている、見たくなるドラマなのに、なんとまあ。前回大河ドラマよりも視聴率が低いらしい。信じられない。好調だと思い込んでいた。
主人公が無名、話が複雑、方言がわからない、舞台である会津に共感できないなどの理由を見るとただひたすら呆れる。じゃあ『主人公が有名で、話が単純で、標準語で、舞台が共感しやすい(ってどこ?首都圏てこと?)』ドラマだったらいいわけか、そんなの退屈じゃない。ぱっと見て即わかる話なんて、見る必要ないじゃん。
しかし、大河ドラマに求められるものはそういうものなのだろう。そして昨今人気のある普通の日本のドラマは多かれ少なかれそういう傾向で、役者は某みかん一盛り500円的女子軍団、なのだろう。
分かりにくかったら予習復習したらいい、事実日本史に激しく弱い私は毎週調べている。そうすると、意外なところで元々の私の関心事項と繋がり、おぉ共通項は会津かと嬉しくなったりする。
そんなに標準語がいいのか、そりゃ私は名古屋弁が嫌いだから名古屋弁のドラマなんて見ないが、他の方言に対してそういう気持ちはない。それはさておき、いいじゃないの会津ことば。無骨だけどかわいらしさもある、難しいけど真似したくなる。(しかし難し過ぎて不可能、イントネーションがつかめないのだ。)
共感しにくい、か?私は会津に毎週感情移入しまくってますが、何か?
アメリカのようにキャンセルは無いけれど、NHKが視聴率低迷に怖じ気づいて変な色気を出さないといいのだけど。たとえ史上最低視聴率となろうとも、今の路線を貫いていただきたい、がんばれNHK。

元々私が好きになるものは不人気傾向なのだな。弦楽四重奏も八重の桜も。私は行けないLFJのチケット売れ残り状況を見て、トリオ・ワンダラーもプラジャークQもモディリアーニQも売れ残っているのにがっくり。

trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

in Treatment S2

2012/10/15(Mon) 14:06
その他ドラマ

見始めると止まらないドラマ、一気に4枚分みてしまった。

妻ケイトと別居し、ブルックリンへ移ってきたポール。
新生活が軌道に乗り始めた頃、召喚状が。アレックスの父がポールを訴えたのだ、アレックスがまだ任務に戻れない状態であることを知っていたはずなのに止めなかった、そしてアレックスは死んだ。彼の自殺ともとれる死の責任はポールにある、と。
訴訟を担当してもらう法律事務所で彼を待っていたのは、懐かしい顔だった。昔、まだ精神科医になりたての頃彼が診ていたミアが弁護士としてそこで働いていた。驚くポール。どう?私、立派になったでしょ?と誇らしげなミアだが、もちろん問題が無いわけはなく、ポールとのセッションが再開する。月曜はミアだ。
火曜はエイプリル。都市計画を学ぶ大学生の彼女は、肺リンパ腫のステージ3と最近診断を受けていた。いますぐ化学療法を始めねばならないのに、彼女は踏み切ろうとしない。自分の病気について家族に打ち明けることができない。
水曜のオリヴァー。父ルークと母ベスは離婚係争中。その狭間で悩む12才の少年は、両親の不仲は自分のせいだと思っている。
木曜はウォルター。国際企業のCEOである彼は日々多忙を極め、セッションの時間を作ることすら難しい。しかし、一見順風満帆に見える彼の心中には娘のこと、会社のこと、彼が幼い頃亡くなった兄のこと、様々な悩みが山のように積もっていた。そして初セッションの最中、ウォルターはパニック発作を起こしてしまう。
金曜は勿論ポールとお馴染みジーナの時間。ポールは以前より素直に真情を吐露し、ジーナの指摘に苛つき腹を立てることはあっても、我慢して聞き、取り込み咀嚼していく。彼の根元にある一番の問題は、両親のこと、特に父親についての複雑な感情だった。

子供と離れて暮らすようになったからか、エイプリルとオリヴァーとの時間を疑似家族体験的に大切にしているようなポール。ウォルターへの態度も、どことなく優しい、寄り添ってあげようとしているような風が時々。厳しい指摘はするけれども。
S2までがイスラエルの元版のリメイクらしい。S1ほどではないにしても、やはり面白い、興味深い、じぃっと見入ってしまう。残り3枚、一気にみたいところだけれど、も少しとっておこう。

trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

23日はエミー賞らしい。

2012/09/18(Tue) 09:42
その他ドラマ

現在の英米テレビ界には、本当に勢いがあるのか、オリジナルなものが生まれているのか。
情報を入れてないくせに言ってはいけないけれど、停滞しているように思える。
相変わらずリアリティショーが幅を利かせ、ドラマはドラマで誰やらがゲストだ何だと話題作りに躍起になっている。
こりゃ追いかける必要無しだと、ドラマを切ったことに対して全く後悔は無し。
エミー賞候補一覧を見ても、なんだかね。ま、勝手に盛り上がってくれたまえ。

見たいものが無いわけではない。
旧作ではジェレミー・アイアンズが出たブライズヘッド、新作ではParade's End。結局のところ、私はあの時代が好きなのだということで。

さあピアノだピアノ。

trackBack(0) | Comments(2)

Page up▲

視聴の手引き2012/4月

2012/03/20(Tue) 20:36
その他ドラマ

キリングはもう終わったし、IPSもグッドワイフもドクターも2、3月に終わって4月以降は

月曜日 ユーリカ4 10PM-
火曜日 マッドメン3 10PM-
水曜日 チャック3 9:30AM-
木曜日 SYTYCD7 5月からとか言ってるが?
土曜日 ウォーキングデッド2.5 24PM-

これくらいがちょうどよいです。おぉ!5月からIPS2ですか、ユニバーサル偉いぞ。

先月まで:
キリング米版 クライム月曜21時録画 デンマーク版終了まで凍結。→と、思ったけどやっぱり見たいので一気見することにした。相棒刑事が米版の方がかっこいいんだもん。。。
キリング・デンマーク版 スパドラ月曜23時 録画したくないと頑張るも、危ない時間帯。リタイア決定。なんでこうも根気ないんざましょ。
Mad Men3 AXN火曜22時
チャック3 スパドラ水曜朝9時半
IPS ユニバーサル金曜22時 一度見てるからついサボリがち。
グッドワイフ2 BSプライム金曜23時 むふふなラストまであと少し。
ドクター・フー LaLaTV土曜21時

3月22日 SYTYCD7 毎週木曜19時 BS258 Dlife
3月 BSイマジカ開局 いつか不明だけれどBorgiaを放送するラシイ。開局の売り物パンナムはどーでもよし。

trackBack(0) | Comments(6)

Page up▲

勇み足。

2011/10/21(Fri) 07:11
その他ドラマ

歩く断捨離であるワタシ、テレビ視聴もスリムにしてみようと11月の契約を思いきってえいやっ!スポーツとニュースのみにしてみました。11月の各種放送予定を調べずにやったのでゾンビドラマS2が始まることを後で知り、がーん。。。あんどりゅー・りんかーんさ~ん(涙)TheKillingは月末29日から?だし年末に一挙放送があるらしいから12月(には復活させます、だってチャック3だもん)で間に合うけど、あーあやっちゃった。(アメリカンホラーストーリィという新作はどうなんだろう、ははは、ホント無計画だ、馬鹿だ。)
でも、ま、いいかって。ドラマのチャンネルが全く映らないスカパー!は10年以上ぶり。最初はJスポーツとクラシカジャパンだけだったなあ、なんて思い出して感慨にふけるワタシ。
来月は怒濤のコンサートラッシュ、5連投の週も有り。予習せにゃならんし、東京もあるし、ギエムの2公演は精神統一して臨まねばならないし、テレビにかまけていてはいけないのだー!とか言ってみるけど、やはりゾンビが(苦笑)

そして本日は三位決定戦、若きワラビー君たちの勝利を信じています。

trackBack(0) | Comments(6)

Page up▲

10月のWOWOW

2011/09/24(Sat) 19:50
その他ドラマ

10月から完全な3チャンネル化ということで一応気合いが入ってると思われます。
毎日新作ドラマとはいうものの、私はボードウォーク・エンパイア(字幕版16日9:45-スタート)だけで良し!と思っていたのですが、あらら伏兵が!つーかWOWOWプレミア枠ね。

「ミルドレッド・ピアース」15-16日(土・日)各16時~

しかしこれよりも楽しみなのは、ジョーン・クロフォード主演の元版の放送であーる。

「ミルドレッド・ピアース」15日(土)朝8時~

ガーディアンだったか新版に対して結構シビアで、元版をほめていたような気がする。楽しみです。

あとは今月録画失敗したブレッソンの「スリ」(5日朝4時半)と「少女ムシェット」(6日朝4時半)を今度こそ録画するっ!

20日朝4時「木靴の樹」のように167分ある映画の保存板を作るには、標準モードで録画してブルーレイに落とすのがいいのか?実はレコーダーを買い替えてからドラマ以外のものを盤に落としていないのでよくわからないのであった。

スカパーの無料のぺらぺらガイドも今日届いた。10月はNHKの「グッドワイフ2」(金曜23時7日スタート)以外頑張るドラマは無し。グッドワイフといえば先日ピアスモーガンのショーを見ていたら、グッドワイフ組がゲスト。そして、2のラストなのか3の冒頭なのかウィルとアリシアの某シーンを見ることが出来た!うわーい、ウィルよかったねぇ~(涙)あの後どうなるのかしら。彼ら二人に関しては完璧にメロドラマのノリで見ている私である。
アラン・カミングが我が道を行っていたのが彼らしくて嬉しい。ヘンなおっさん髪型は勘弁してほしい(苦笑)

trackBack(0) | Comments(4)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 Funnybones -備忘録其の二-, all rights reserved.
Calendar
05 | 2017/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Page up▲